27歳OLが水虫となった原因は都会生活にあった で述べたように、私が水虫になってしまった原因は都会生活ならではの足元の濡れやすさ、蒸れやすさにあったのです。

そしてそこから爪水虫へとステップアップしてしまった理由は、水虫を甘く見ていたからです。

爪水虫となった原因「水虫なんていつでも治せる」

普通の水虫となった段階で医者(皮膚科)に通い塗り薬を処方してもらい完治させておけばよかったのですが、学生から社会人となった頃というのは、それまでの人生の中で一番忙しいのではないでしょうか。

さらに私のように親元から離れた場合は、家の事も自分でしなければらならないのでなおさらです。

ですので
「水虫なんてコミカルにテレビCMしているくらいだし、後で治せばいい。放っておこう。」
と、命に別状は無い水虫を治す事は後回しにし、そのまま2年以上が経過したのでした。

するとある時異変に気付いたのです。

ふと自分の足の爪を見てみると

  • 何となく白っぽい筋が入っていて、濁っているように見える
  • 妙な湾曲をしていて、形がいびつ

と、明らかに以前の爪とは様子が違っているのでした。

「そういえばお年寄りの爪って、こんな風な感じになっていたな。」
と、10代の若い頃によく見た老人の爪を思い出したのでした。

その頃は
「歳を取るとそういう爪になるんだ。」
と思っていたのですが、まだ20代半ばの若さでそのような老化(?)が起こるなんて…。
はっきり言ってショックでした。

しかしネットで検索してみると、どうやらこれが典型的な爪水虫の症状でした。
一般的には水虫というのは足の指の間になるものと思われていますが、それを放置しておくと、水虫菌が爪の中にまで移り爪白癬、いわゆる爪水虫となるのです。

本当は素人判断せず医者で診てもらわなければならないのでしょうけど、私の場合は指の間が明らかに水虫だったので、おそらく間違いないと判断しました。

水虫・爪水虫を放置しても自然治癒しない理由

このように、田舎生活から都会生活へと変わり、そして学生から社会人となった事によって水虫となり、それが悪化して爪水虫となってしまいました。

それでも私は呑気に
「放っておけば人間の持つ自然治癒の力で治るわ。今彼氏もいないし、仕事も充実しているから彼氏も欲しくないし。」
と、そのまま水虫を放置していたのです。

でも待てど暮らせど一向に水虫が治る気配はありません。
一応毎日のお風呂では綺麗に石鹸で洗っていたのに、悪化する一方でした。

「切り傷はおろか骨折ですらも、放っておけば自然治癒するのになぜ?」
「虫歯だって歯を磨いていれば悪化することはないのに、なんで水虫は洗っていても悪化するの?」
と、なげいたものです。

しかしそれは至極当たり前のことでした。
白癬菌をはじめとする皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)のうちのほとんどは、皮膚の表面である角質層にのみしか生存できないのです。

そして角質層は死んだ細胞なので、免疫が作用しないのです。

表皮 角質層
(死んだ細胞ゆえ免疫力が無く、水虫は生き放題)
顆粒層
有棘細胞
基底細胞
  真皮
  皮下組織

これが水虫を放置しておいても一向に治らない理由です。

おたふく風邪といった病気は一度かかってしまえば免疫ができ、一般的には二度と発症しません。
それでも疲労などで体の免疫力が低下していると、かかってしまう可能性があります。

角質層は「免疫力が低下」どころか根本的に免疫がありませんので、水虫が自然治癒することはありえませんし、塗り薬で完治したとしても生活習慣によっては簡単に再発してしまうのです。

指の間の水虫は薬局の塗り薬で簡単に治ったのだけど…

私が爪水虫になってしまった時は夏だったので素足になることが多く、足の指にペディキュアを塗って誤魔化しました。
そして恥ずかしい思いをしながら薬局で水虫用の塗り薬を購入し、毎日お風呂上りに足の指の間、爪の表面、及びその近辺に塗りました。

そして同時に水虫にならないような生活習慣を調べ、実行するようにしたのです。

具体的には「24時間以上間隔を空けずに、石鹸で綺麗に足を洗う」ことを心がけたのです。

水虫の元となる白癬菌が皮膚に付着してから感染するまでの時間は24時間と言われています。
ですので24時間以内毎に足を洗えば、感染するまでに白癬菌を洗い流せるのです。

「毎日お風呂に入っているから大丈夫」
という人がいるでしょうけど、それだと24時間以上間隔が空く事が多々あるはずです。

例えば

  • 日曜は19時
  • 月曜は23時
  • 火曜は20時
  • 水曜は19時
  • 木曜は22時
  • 金曜は23時

にお風呂に入ったとしたら、月曜・火曜・木曜・金曜のお風呂タイムは、前回よりも24時間以上空いていることになります。
特に日曜~月曜は28時間も空いているので、かなり危険です。

また、火曜~水曜も23時間も空いているので、決して安全とはいえないのです。

なので、いっその事12時間おきくらいに洗えばそんな細かい時間をを気にする必要もないということに気付き、毎朝出勤直前に足を洗うようにしたのです。

薬の塗布と同時にこのような生活習慣を続け、若くて肌の再生が早かったというのがあったと思いますが、2週間もすれば綺麗になりました。
それでも念のために2ヶ月ほど塗り続けました。

その結果、爪水虫は治らなかったのですが足の指の間の水虫は再発する事なく数ヶ月が過ぎたのでした。
爪水虫にはペディキュアを塗ればいいので、見た目上は何も問題ありません。

しかし薬を塗るのを止めた数ヶ月後に、ふと足の指の間にかゆみを感じたので見てみると、また水虫が再発していたのでした。

爪水虫を完治させないと水虫は治らない に続きます。