水虫を放置しておいたら爪水虫となってしまった では
「水虫を放置した結果爪水虫になってしまった事」
そして
「塗り薬で治ったと思った思った水虫が再発してしまった事」
を紹介しました。

ここでは何故治ったと思った水虫が再発してしまったのかについて述べます。

治ったと思った水虫が再発した理由

爪水虫になってしまったことにより水虫治療に本腰を入れるようになり、薬局で買った塗り薬で足指間の水虫を治しました。

でもそのわずか数ヶ月後には足指間の水虫が再発していたのです。

「治ったはずなのになぜ?」
と、水虫の再発に大変ショックを受けたのですが、再発したのには理由があったのです。

既に述べたように、足指の間の水虫が拡散して爪水虫が発症するのです。
ですからその逆もしかりです。

つまり爪水虫が治っていない以上、そこから足の指に白癬菌が移るという事です。
塗り薬によって足指間の水虫は治っても、爪水虫は完治していなかったのです。

その理由は、爪は非常に硬いケラチンなので、水虫の塗り薬が奥まで浸透しないのです。

この事を知り、2ヶ月間塗り薬を塗っても全く治らなかった爪水虫を治す方法はあるのかと悩んだのでした。

内服薬なら爪水虫を治す事ができるが肝臓に負担が

「爪は硬いので塗り薬が浸透しない」
前述のとおり、これが爪水虫が塗り薬で治らない最大の理由です。

そのような強敵の爪水虫を治すには、内服薬を使うしかありません。
抗真菌剤を経口投与する事で、体の中から水虫菌に作用させて撃退しようというものです。

内服薬を飲むと抗真菌成分が、爪母(そうぼ)及び爪床(そうしょう)の両方から爪の中にアプローチし、爪水虫を撃退するのです。

爪母(そうぼ)とは、その名から想像できるように爪の付け根の事です。

爪床(そうしょう)とは爪の下の皮膚の部位の事をいいます。
文字通り爪の床のことです。
爪水虫にかかっていない人の爪を見ると、ほんのりとピンク色をしていると思いますが、爪床が透けて見えているからです。

爪水虫を内服薬で治療した場合、完治までの期間はおよそ6ヶ月くらい必要です。

しかし内服薬には

  • 肝臓に負担がかかり、副作用の恐れがある。
  • 医者に通う事がおっくうになり、途中でやめてしまう。
  • 他の薬剤を使用している場合は、その薬剤との相関関係によっては使用できない

といったデメリットがあります。
特に副作用の可能性を考えたら、妊娠中の方が安心して取り組めるものではないでしょう。